ホーム > 上村裏日誌 > 女の顔

上村裏日誌

2011/08/23 Tue

女の顔

夏の終わりを一度感じてしまうと、ふたたび暑さを取り戻しても寂しさをぬぐえない。
オトコとオンナのお話みたいデスネ。

今日は印刷所から「昭和一代女」の原稿が戻ってくる。
原稿が届くまでの間、書庫をウロウロ。
原稿は年代順にしようか、などと考えたり。

ふと、「ひょうたん」を読んでみよう、と思いつく。
先日お会いした筧さんに「あれは 後期の作品のなかではなかなか」とお聞きしたので。

毎号読みきりで、主人公の漂子さんの飄々とした感じは可愛らしいけれど、
ちょっと目が離れた顔がいまひとつ物足りない。
やはり上村作品にとって女の顔は命だ、と思う。

父の仕事をするようになって、いままで読むことのなかった作品を読むようになり、
作品ごとに違う女たちのキャラクターに引き込まれた。
よくぞここまで女を掘り下げたものだ、と父娘の関係を抜きにして感心する今日この頃。
いつかこの上村一夫が描いた女たちを一同に集めた場所を作りたいものだ。

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。