ホーム > 上村裏日誌 > SARAVAHで渚さん

上村裏日誌

2015/11/12 Thu

SARAVAHで渚さん

 
 *写真は渚さんのHPから転載致しました。

もう何回渚さんの歌を聴きに来ているのか。わからないけれど、とにかく渚ようこさんのステージに飽きることはない。それは渚ようこさんの歌の力と、自ら作り上げるステージと、渚さんを愛してやまない人達の愛でいつも溢れているからかな。単純に渚ようこという女性が好きなだけかもしれないけれど。

10月23日はいつものSARAVAH東京でライブ。演奏は女横町痺れ腰、踊り子さんはデリシャスウィートスのチャーマアさんと佐藤梟さん。まったくブレがない素敵なステージでした。

いつもエンディングあたりで歌われる「哀愁のロカビリアン」を聴くとたいがい泣けてきくる。この歌の作詞は晩年の阿久悠さん。最後の最後に昭和の大作詞家が渚さんのために書いた歌。そこには歌謡曲への思いが詰まっているような気がします。ずっと歌い続けて、沢山の人に聴いて欲しい一曲。

そんな渚さんと先日、阿久悠さんのお墓参りへ行ってきました。気持ちが洗われるような、とてもいい時間でした。

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。