ホーム > 上村裏日誌 > 上村一夫生誕73年

上村裏日誌

2013/03/07 Thu

上村一夫生誕73年

今日は父の誕生日。1986年に亡くなってから二十七回目の誕生日。
生きていたら73歳。どんな爺さんになっていたのか。
若くして逝った人の老後を想像するのはとても難しい。

こんな感じか。

先日、昭和歌謡の歌姫・渚ようこさんが渋さ知らズオーケストラのライブに出演される
というので観に行ってきました。
人と音の圧に圧倒されながらも、個々の音に向かう姿勢にクラクラ。
そしてゲストヴォーカルの豪華なこと!三上寛・遠藤ミチロウ・Sandii・Keyco・坂本美雨・そして渚ようこ。身体も心も否応なしに動いてしまう素敵な夜でした。
終演後、バッタリ遭遇した面影ラッキーホールのアッキーと楽屋へ。扉をあけるといきなり三上さん、渚さんがいらっしゃいました。

実は、開演と同時に登場した三上寛さん、いきなり唄い出したブルージーな曲の一節に「坊や、お空をごらん♪マリア様〜」という歌詞。上村一夫の「坊や お空をごらん」を彷彿させるものでした。まさか私が来ると知っていてのことではないだろうと思いつつも、気づけば涙。楽屋で三上さんにお会いしたらとても驚いて「今日唄ったんだよ、坊や お空をごらん、って」と。はい、私もびっくりしました。

「上村さんはねぇ、酒場の止り木だったよ」とか、最後のセリフが「そんなにヤリたいの?」だったとか、三上さんに贈ったエロ色紙の話しとか。もう話しの中から父の気配が漂ってきて、ああ 気の置けない良き友でいてくださったんだな、と思いました。

久しぶりにリアルに父を思い出した夜、渋谷から自転車漕いで富ヶ谷の父の事務所があったマンション前を通り、「今日は三上寛さんに会ったよ。」と報告。いい夜。

そして昨夜、日付が変わる頃、気づけば渚ようこさんのお店「汀」 におりました。
この間の命日も偶然「汀」におりました。きっとここが上村父娘の止り木なのね。

父がいなくなっても繋がるご縁。不思議の連鎖はまだまだ続く。

ゴールデン街「汀」にて
※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。