ホーム > 上村裏日誌 > 真樹先生

上村裏日誌

2012/01/04 Wed

真樹先生

またひとりすばらしい方が逝ってしまった。
父の作品では「ゆーとぴあ」や「おんな教師」の原作を書いてくださった。
初めてお会いしたのは2008年の神楽坂原画展。
忘れもしない白のスーツ姿。片手には缶チューハイ。
見た目は強面だけど、優しいオーラが出ていて、お声をかけさせていただいたら
大きな手で握手してくださいました。
その後も原画展の時はたびたび足を運んでくださいました。
70代とは思えぬ強靭な肉体と精神を持った方だったのに。
もっとたくさんお話を伺っておけばよかったと悔やまれます。
真樹先生、どうぞ安らかに。ご冥福を心からお祈りします。

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。