ホーム > 上村裏日誌 > リリシズムができるまで その5

上村裏日誌

2011/09/05 Mon

リリシズムができるまで その5

ムックってなんだろう。いろんな人のムックを参考にしてみたりしながら、まずは出版社の反応を待った。いくつか候補があったけれど、ここは森田さんと縁の深いまんだらけさんで押してもらった。まんだらけといえばサブカルの不夜城、私にとっては未開の地だった。わくわくした。そしてついにまんだらけからOKが出たので、資料を携えて中野ブロードウェイの会議室に行ったのが2010年6月9日。そこから少しずつ丁寧にじっくりと作業は積み重ねられていく。どのような構成にするか、どの作品を掲載するか、資料を集め、記事を検証する。亡くなってしまった父の生涯は短いものだったけれど、いざ辿って一冊の本にまとめようとなると気が遠くなるような作業であり、それを根気強く続けてくれた森田氏とまんだらけ編集部には頭の下がる思いだ。これはひょっとしてすごい本になってしまうのかも、と身震いをした2010年秋のこと。つづく

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。