ホーム > 上村裏日誌 > 劇画は死語なのか

上村裏日誌

2011/06/14 Tue

劇画は死語なのか

筧さんのブログに、飛鳥新社の赤田さんが、
「劇画は、どんどん忘れ去られているから、発言していかないと」。
とおっしゃっていたとありました。

それに対して筧さん、
「たしかにあの頃は凄かったばかりでは、忘却の彼方に追いやられるばかりだ。
だが、これも致し方ない。時代は変わり、マンガも読者の求めるものに鋭敏だ。
早く上村一夫ムックを出さなくては。」

そうですね。早く出さなくては。

8月刊行予定です。

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。