ホーム > プロフィール

上村一夫プロフィール

1940年(昭和15年)3月7日、神奈川県横須賀市生まれ。
1962年(昭和37年)、武蔵野美術大学デザイン科卒業。
同年、広告代理店・宣弘社入社。
イラストレーターとして広告制作に携わるが、同社員の阿久悠氏と知り合ったことから、劇画の世界に入る。
1967年(昭和42年)、『月刊タウン』創刊号「カワイコ小百合ちゃんの堕落」でデビュー。
翌年、『平凡パンチ』連載の「パラダ』(原作・阿久悠)で本格的に劇画進出。
以後、「同棲時代」、「修羅雪姫」(原作・小池一夫)、「しなの川」(原作・岡崎英生)など叙情的な名作を次々と発表。
特に「同棲時代」は"劇画史に一時代を画した"と評されるヒット作品となった。
また、その流麗な筆画から"昭和の絵師"と称され、月産400枚の原稿を手掛ける多忙さを極めた。
1985年11月、下咽頭腫瘍で入院。
翌1986年(昭和61年)1月11日、逝去。享年45歳。

Kazuo Kamimura Profile

Kazuo Kamimura was born in Yokosuka city in Kanagawa on March 7, 1940.
He graduated from Musashino Art University's Design Department in 1964.
After graduating, he took a part-time job at SENKOSYA, an advertising agency, where he worked as an illustrator.
It was here that he met Mr. Yu Aku, a famous songwriter in Japan, who asked Mr. Kamimura to collaborate with him. Mr. Aku wanted Mr. Kamimura to draw a comic strip with a dramatic story.
His debut was KAWAIKO SAYURICHAN NO DARAKU in Gekkan Town's first issue in 1967.
The next year, with the drawing of PARADA (original author: Yu Aku), his motivation changed from being an illustrator to that of a comic strip writer.
After that, he published many lyrical stories such as DOSEIJIDAI, SYURAYUKIHIME (original story by Kazuo Koike), SHINANOGAWA (original story by Hideo Okazaki), etc...
DOSEIJIDAI was especially a big hit and was called a new epoch in comics.
He was called SHOWA NO ESHI, which means "Ukiyoe painter of the Showa Era," because of his elegant stroke lines.
He was so busy because he had to draw four hundred pages a month.
In 1986, he was hospitalized with a pharynx tumor.
He died on January 11, 1986.
He was only 45.
※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。