ホーム > 書籍 > 山手線外廻り

山手線外廻り

あらすじ

上村一夫が、自身の若き日の環境をモチーフに創作した表題作「山手線外廻り」(全2話)。その他、阿久悠が原作を手がけた昭和40年代のグループ・サウンズ全盛期を過ごしたバンドマンたちのその後の皮肉なオチを描いた傑作「その後のオール・ジャパン・デビル・バンド」など、全7作の名作短編を同時収録。

作品情報

  • 初出誌:増刊ヤングコミック
  • 連載開始年:1976(昭和51年)年
  • 発行月日号:11/29号、'77年10/20号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。