ホーム > 書籍 > 津軽惨絃歌

津軽惨絃歌

あらすじ

盲の瞽女・お波は、旅先で網元の息子・真介と恋に落ちた。真介の子供を孕んでいたお波だったが、真介は最後の最後にお波を見捨て、お波は瞽女の掟により右手と両耳を切り落とされてしまう。それでもお波は生を選んだ。生まれようとするもうひとつの命のために…。荒れ狂う海に轟く壮絶なる瞽女の叫びとは…。1976年に発表された怨霊十三夜シリーズのうちの一作。

作品情報

  • 初出誌:漫画TIMES
  • 連載開始年:1976(昭和51)年
  • 発行月日号:9/10号~'77年6/24号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。