ホーム > 書籍 > すみれ白書

すみれ白書

あらすじ

デパートのバッグ売り場で働くすみれは、道ならぬ恋に落ちてすみれを産み、日陰の女となって静かに狂っていき自ら命を絶った母親のような生き方だけはしたくないと決心した日から、愛人契約書を作り、「娼婦」として小意気に生きてゆくことを選択する。

作品情報

  • 初出誌:漫画アクション
  • 連載開始年:1976(昭和51年)年
  • 発行月日号:11/18号~77年8/11・18号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。