ホーム > 書籍 > 白い夏

白い夏

あらすじ

民宿の娘・白子の母は、夏の昼下がりに若い男と駆け落ちした。白い肌をした美しい娘・白子。ある日、白子は近くの別荘の年老いた女主人にひと夏買われた若い男と知り合う。招かれた女主人の狂った宴で、白子と青年は愚かな選択をするのだが…。表題の「白い夏」他、1970年〜1972年発表の10作品を収録。

作品情報

  • 初出誌:漫画アクション
  • 連載開始年:1971(昭和46年)年
  • 発行月日号:8/12号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。