ホーム > 書籍 > 怨獄紅

怨獄紅

あらすじ

『肉奴隷の少女の復讐の炎、呪殺の願掛けに励む女の過去、我が子の首をはねた母の狂乱…。 目を背けてはいけない。ここに描かれているのは人間の本性そのものなのだから…』昭和45年から青年劇画誌「ヤングコミック」で1年間連載された「怨獄紅」は、人間の残酷な本性や情念、因業な罪深さを鋭く描き、上村一夫の才能を世に知らしめた初期短編集の傑作。

作品情報

  • 初出誌:ヤングコミック
  • 連載開始年:1970(昭和45年)年
  • 発行月日号:12/9号~71年12/8号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。