ホーム > 書籍 > おきせの乳房

おきせの乳房

あらすじ

鳥を描かせたら当代随一の絵師・菱川重信は、妻のおきせと息子の真与太郎を連れ、鳥を描きに出かけた。その時出合った猟師の男、息子に乳をふくませるおきせの乳房に心奪われ、おきせもまた男の目線にもう一人の自分がいることを知る。やがて二人は狂ったように体を求めるようになるが…。1976年に発表された怨霊十三夜シリーズのうちの一作。

作品情報

  • 初出誌:漫画TIMES
  • 連載開始年:1976(昭和51)年
  • 発行月日号:9/10号~'77年6/24号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。