ホーム > 書籍 > 苦い旋律

苦い旋律

あらすじ

下着メーカーに秘書として就職した平凡ながらも美しい女、一貫寺邦子が華麗なファッション産業の裏側で見たものは、妖しくも哀しい官能の世界だった。レズビアン、フェティシズム、SM、女装などといった倒錯の愛の世界をテーマに、梶山作品特有の産業スパイ戦争が絡んだ官能小説を上村一夫が忠実に劇画化した。

作品情報

  • 原作:梶山季之
  • 初出誌:ヤングコミック
  • 連載開始年:1972(昭和47年)年
  • 発行月日号:1972年7/12号~73年1/24号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。