ホーム > 書籍 > 菊坂ホテル

菊坂ホテル

あらすじ

竹久夢二が恋人のお葉と暮らした本郷の菊富士ホテルをモデルにした「菊坂ホテル」を舞台に、ここに集まり活動の拠点とした夢二、谷崎潤一郎、佐藤春夫、伊藤晴雨、菊池寛、齋藤茂吉といった歴史に残る文士や画家など文化人たちの人間模様を、菊坂ホテル主人の娘・八重子の目を通して描かれた物語。

作品情報

  • 初出誌:小説王
  • 連載開始年:1983(昭和58年)年
  • 発行月日号:9月号~84年9月号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。