ホーム > 書籍 > 螢子

螢子

あらすじ

「『螢子』はメロディのある劇画です。タイトルの曲を聴きながらお読みください。」
螢子は愛を奪われた二十一歳。大切な人との愛に破れた螢子は、夫を奪われて狂った母を持つ少女・カオリちゃんと出会った。女の哀しみを歌う叙情歌が聞こえてくるような、切なくて哀しい、けれど美しい物語。全50話。

作品情報

  • 原作:久世光彦
  • 初出誌:週刊女性
  • 連載時期:1976(昭和51)年
  • 発行月日号:8/17号~'77年10/4号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。