ホーム > 書籍 > 一葉裏日誌

一葉裏日誌

あらすじ

「たとえ地獄に堕ちようとも、一本の筆さえあれば閻魔大王をも楽しませるぐらいの小説を書く自信を私は持っている。御仏を喜ばせず、地獄の亡者どもが群がり読む小説こそを私は書いてみたい。残り少ないだろう現世の日々を、そのための小説修行に生きてゆくつもり。」
作家・樋口一葉が自らの恋路に迷いながら身近に起こる事件を物書きの鋭い目線で紐解いてゆく。

作品情報

  • 初出誌:ビッグゴールド
  • 連載開始年:1984(昭和59年)年
  • 発行月日号:12/8号、85年4/8号、7/8号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。