ホーム > 書籍 > 同棲時代と僕

同棲時代と僕

あらすじ

少年時代のこと、父親のこと、母親のこと、美学生時代のこと、下積みの頃のこと、そしてデビューして「同棲時代」で注目され、時の人となった当時のことなど、自らの半生について、また上村流女性論などについて語り下ろしたエッセイ集。

作品情報

  • 著者:上村一夫
  • 広論社:1973年12月1日発行

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。