ホーム > 書籍 > 紅い部屋

紅い部屋

あらすじ

夫の両親が残してくれた平屋のささやかな家での結婚生活は、3年目で別居離婚というかたちになった。夫が他の女との痴態を妻に見せつければ見せつけるほど、妻は夫の未練を感じ取る。「そんなあなたが哀れだから側にいてあげるだけなのよ」妻が別れを惜しむのは夫ではなく、庭に鮮やかに咲く鶏頭の花なのだ。表題の「紅い部屋」他、1980年〜1985年発表の5作品を収録。

作品情報

  • 初出誌:Cute
  • 連載開始年:1985(昭和60年)年
  • 発行月日号:9月号

単行本

※本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません。
※当サイトを快適にご覧いただくためには、すべてのOS・ブラウザで最新版を推奨しています。
推奨環境以外でご覧いただいた場合、 サイトがデザインと異なった表示をしてしまう、 一部の機能が使えない等の可能性がございます。